124_1

サボテンを室内で育てる時は、水やりや日当たり、肥料など、どんなことに気を配ったらいいでしょうか?

サボテンは水やりが必要ないと放っておいたら枯れてしまった。
または水をやり過ぎて枯れてしまった経験のある人は意外と多いのではないでしょうか?

サボテンを室内で育てるコツをご紹介します。

Sponsored Links

サボテンは意外と育てるのが難しい?

ほとんどのサボテンは寒さに強く、凍結させなければそう簡単には枯れません。

心配なら5℃を確保できる環境に置いておけば大丈夫でしょう。


サボテンの特徴として

乾燥に極めて強く、夜間の冷気で体力を回復して酷暑を乗り切るので、真夏でも日中の高温に耐えられます。

これはもともと砂漠に自生する植物だからです。
逆に熱帯夜は苦手です。


そして重要なのは日本の環境はサボテンにはどうなのか。


実は日本は湿度が高いので、サボテンは初心者には育てるのが難しいです。


夜でも湿度が高い日は除湿が効いた部屋に避難させるといいでしょう。


水をやらなくてもいいと思われがちですが


生育期には水が必要です。


鉢土が乾いたら、水をたっぷりやってください。

ただし鉢皿に水はためず、通気をよくしてください。

水をやり過ぎても根腐れを起こします。

凍結の心配がある時は水は全くやらなくても構いません。


サボテンは冬に休眠するものと夏に休眠するものがあります。

夏に休眠するものは夏に水をやると腐ってしまいます。
日の当たる場所で雨が当たらないようにしてください。

寒さに強い品種も冬では戸外で越冬させるより、室内の日当たりのいい場所に置いた方が安全です。
ただし花をつけるものは寒さに当てないと花が咲かないので戸外の方がいいでしょう。


サボテンは品種によって育て方が違うので、買った時のラベルは絶対捨てないようにしてください。


サボテンには枯れづらい強い植物のイメージがありますが、そんなサボテンにも天敵がいます。

その天敵とは・・・


カイガラムシ


です。


このカイガラムシを見つけたら、早めに駆除してください。

幼虫の時は殺虫剤が効きますが、成虫になると効きにくくなり、退治するのが難しくなります。


サボテンの室内での育て方~水やりの頻度や量~

サボテンの室内での水やりは


たっぷり与える時期
控える時期



とでメリハリをつけるのがポイントです。


サボテンは生育期に水をたっぷり与えます。


鉢土が完全に乾いてから、晴れた日の午前中(夏は夕方)に水をたっぷり与えてください。


一度水やりしたら、土が完全に乾くまで、次の水やりは控えてください。

表面の土が乾いていても、中は湿っていることがあります。

土に割りばしや竹串を刺して確認するとやりやすいでしょう。


鉢皿の水はそのままにしないで、捨てて、通気をよくすることも大切です。


休眠期は半月~一か月に一度、スプレーで株の全体を濡らす程度で十分です。


サボテンは湿気に弱い植物です。

室内で育てる時は特に通気性が大切です。

水はけが悪いと根腐れの原因になります。


テラコッタの鉢は余分な水分を吸収して、鉢の表面から水分を蒸発してくれるので、根腐れの予防にもなります。

Sponsored Links

底に鉢穴のない容器の場合は水をやったら、容器を傾けて、余分な水を捨ててください。


サボテンの室内での育て方~置き場所~

サボテンの基本的な置き場所は長時間日光が当たる場所です。

ただし窓辺に一日中置いたままにすると日焼けしてしまうので、カーテン越しくらいの日差しがちょうどいいでしょう。


湿度に弱いので、風通しをよくしてあげてください。

春から夏、特に梅雨時は湿度が高くなる時期はサボテンの葉が反り返ったり、葉の色がわるくなったりします。

過ごしやすい気温でも湿度が高く、日照が足りないと株の状態が悪くなって、こうしたことが起こります。


冬の室内でも同じ現象が起きるので注意が必要です。

サボテンは十分な日照が必要な植物ですが、夏の直射日光に当てることは避けてください。

日焼けすると元に戻らなくなります。


花を咲かせるサボテンは日照時間が短いことで花を咲かせます。

室内では一日中光が当たるので、そのせいで花芽をつけないことがあります。


夜は暗い所に置くなど、一日中光が当たりっぱなしにならないようにしてください。


サボテンの室内での育て方~肥料~

サボテンは基本的に肥料はいりません。

ただし大きくしたい時やキレイな花を咲かせたい時は肥料が必要です。

ただし、ちょっと強い肥料を与えすぎると根腐れを起こすことがあります。

水の場合と同じように適した時期に適した量を与えることが大切です。


肥料の種類別にあげ方の注意点をあげてみました。

有機肥料

鶏糞など動物の有機物を原料にした肥料です。

土を豊かにしてくれますが、サボテンには少し強いため、上げすぎると根腐れを起こします。
植え替えの時に鉢底にほんの少量入れるだけで十分です。

固形肥料

ペレット状になった肥料で少量でも与えやすいのが特徴です。

こちらも植え替えの時に少量使う程度で十分です。
あまりやり過ぎると肥料負けして根腐れしてしまいます。

様子を見ながら、少しずつ増やしていってください。

液肥

液体の肥料です。
一番扱いが楽な肥料です。
成長期なら、月2~3回与えても大丈夫です。


液肥が濃すぎると浸透圧でサボテンの中の水分が培養土に流れてしまい、枯れてしまうことがあります。液肥には希釈して使うものもあるので、使う前に確認しましょう。


サボテンには一年を通じて、生育期と休眠期があります。


肥料を必要とするのは生育期です。


この時期には液体肥料を月2~3回のペースで与えてください。

最初は少なめにあげて様子を見て、元気そうなら規定量に変えてください。

逆に元気がなくなった場合は根腐れを起こしている可能性があります。

その場合は植え替えをしてください。


植え替えは生育期に行います。


植え替えの時に使うのは有機肥料や固形肥料です。

植え替えも両方使うと肥料が多くなって、サボテンが根腐れを起こします。

植え替えに使う土は多肉植物、サボテン用の土を使ってください。

腐葉土は有機肥料の一種なので、肥料負けして、しなびてきます。

使うのは避けてください。


肥料をやるのは生育期だけです。

休眠期の時はやらないようにしてください。

 
鉢底から根が出ていたり、葉がボロボロ落ちる、茎から根が出ている時は肥料をやるか、植え替えをしてください。

肥料の量は一般の草花の2/3くらいが目安です。


まとめ

サボテンはもともと砂漠に自生する植物です。

湿度の高い日本では生育が難しい植物です。

室内で育てる場合は日当たりと通気に気をつけて、水分を与えすぎないようにしてください。


肥料は大きくしたい時や花を咲かせたい時以外は必要ありません。

Sponsored Links