24_1

アボカドは生のまま食べられ、栄養があり、美容にも最適です!
また料理のバリエーションもたくさんあり、アボカドの料理がある飲食店もかなり多いですよね。

ただ自宅で食べるために購入した際に一つだけ問題が・・・。

アボカドは真ん中に大きな種があり、果肉がぬるぬるして、その切り方がイマイチわからず、実を潰してしまったという方もいると思います。

ちょっとしたコツでキレイに切れる方法があります。

今回はそのアボカドをキレイにスライスしたり、角切りにしたり、簡単にできる切り方についてまとめてみました。

Sponsored Links

アボカドの切り方は大まかには3種類

アボカドって実が柔らかくて崩れやすいです。

種を取ったり
皮を剥いたり

した時につい力が入っていしまい


潰れてしまった・・・


なんてことになったら本当ガッカリしますよね。

そのため種と皮と基本の切り方だけはみておくことをオススメします。


そのアボカドの基本的な切り方は3パターンあります。


そのアボカドの切り方とは・・・


スライス
角切り
輪切り



このスライス・角切り・輪切りの3パターンだけあれば、ほとんどすべての料理に対応することが可能だと思います。


以下ではそれぞれの切り方を具体的にみていきたいと思います。


アボカドの切り方~スライス~

① 半分に割る

皮をむかずにヘタからおしりに向けて縦半分にナイフを入れて、真ん中の種に沿ってくるっと一周させます。

両側を手で持って、くるりとひねると、きれいに半分に割れます。

② 種を外す

種がついている方に包丁のかかとの部分やフォークを刺してひねって、種を外します。

うまく取れなければ、スプーンを使ってくりぬいてください。

③ 皮を剥く

そのまま手で剥いてもスルッと皮が剥けます。

もし剥きにくい時は皮と実の間に包丁やスプーンなどを滑り込ませるとキレイに剥くことができます。

この時に力を入れすぎて柔らかい果肉を潰さないように注意しましよう。

④ 包丁を入れ、スライスする

最後に好みの厚みにスライスします。

Sponsored Links


アボカドの切り方~角切り~

アボカドの角切りの切り方の工程はそれほどスライスと変わりません。

種を外すまではスライスと同じです。


① 半分に割る
② 種を外す



③の工程から今回紹介する方法は少し異なります。


③ 包丁を入れる

皮を剥かずにそのままの状態で包丁を縦と横に入れていく。

角切りはアボカドを小さく切るため、先に皮をむいてしまうと柔らかい果肉を潰してしまう可能性があります。

この時に皮にあたるまで包丁を入れてください。
そうすると次の手順で果肉と皮がキレイにはがれます。

④ 皮を剥く

ひっくり返して、お皿の上で皮を剥きます。


アボカドの切り方~輪切り~

① 皮を剥かずにそのまま輪切りにする

スライスと角切りと切り方で異なるのは皮を剥かずにそのままの状態で輪切りするということ。

種の部分は固いので、種に沿って包丁を入れていきます。

アボカドの種はめちゃくちゃ固いので、力づくで種ごと切ろうとしないでください。
崩れる原因になります。

② 種を外す

種が半分ほど露出をしたら、スライスや角切りと同じように包丁のかかとの部分を使って、種をくり抜きます。

③ 皮を剥く

すべて輪切りしたら、その輪切りしたアボカド一つ一つの皮を剥きます。


まとめ

アボカドは栄養価が高く、いろんな料理にアレンジができて、好き嫌いの多い偏食の子供にも手軽にビタミンやミネラル、食物繊維が補給できるのが利点です。

果肉がぬるぬるするので切りにくい感じがしますが


今回は紹介したアボカドの切り方の

スライス
角切り
輪切り

の3つは難易度が高いわけではなく、コツをつかんでしまえば簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。
ただ普段料理をあまりしない人は角切りと輪切りは少し難しいかもしれませんね。


ちなみにアボカドは現在取り扱うお店や専門店などもあるので、お店の切り方をチェックしたりするのもいいかもしれませんね。
切り方一つでいつもの料理がもっとおいしそうにみえるかもしれません。


⇒アボガドの栄養と効能を紹介!カロリーが高くて食べ過ぎは太る?

Sponsored Links