365_1

QUOカードとはプリペイド式の商品券です。
電子マネーが導入後も着々と加盟店を増やし根強い人気があります。

QUOカードはコンビニやファミレス、書店など全国56000の店舗で使えます。
コンビニでQUOカードを購入するとポイントが付与されるなど、お得な使い道があるのも魅力です。

今回はそのQUOカードの使えるお店と使い道についてみていきましょう!

Sponsored Links

QUOカードとは?

QUOカードは株式会社クオカードが発行する全国共通のプリペイドカードです。

1995年8月にQUOカードが発行開始されて以来、現在でも着々と加盟店を増やしており、また使い道も広がっていることから非常に人気があります。


QUOカード自体はコンビニなど加盟店で購入できます。

オリジナルデザインのQUOカードも作成できるので


お祝い
香典返し
お礼
懸賞



などさまざまな用途があります。


QUOカードの種類には地に根差したデザインのご当地デザインQOUカードや購入したQUOカードの収益の一部がさまざまな団体に寄付される社会貢献型カードなどもあります。


QUOカードの使えるお店

QOUカードは


全国56000の店舗で使えます
※2016年現在


QUOカードステッカーが目印です。

ここでは使えるお店を紹介します。

コンビニエンストア

セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルKサンクス
など


ファミリーレストラン

バーミヤン
おはしCafeガスト
夢庵
藍屋
魚屋路
グラッチェガーデンズ
デニーズ
ジョナサン
など



すかいらーく系列のファミリーレストランで使うことができます。

ホテル

大江戸温泉物語
サンルートプラザ東京
東京ベイ舞浜ホテル
ホテルサンルート川崎
など


ガソリンスタンド

ENEOS(一部店舗取扱なし)
など


書店

紀伊国屋書店
ジュンク堂
丸善
三省堂書店
など


ドラッグストア

マツモトキヨシ
など


その他

HMV / HMV&BOOKS
など



毎年QUOカードが使える店舗などが増えていく中で、特に加盟書店は全国で1000店舗に達しようとしています。

QUOカードが使えるお店は上記だけでなく、まだありますので下記で確認してみてください。

QUOカードを使えるお店


Sponsored Links

QUOカードのお得な使い道

QUOカードですべての人に共通してお得な使い道なのは・・・


ドラッグストア


だと思います。


食料品や生活用品や薬など低額で売られていることも多いため、最も節約になります。


ではスーパーで使えばいいのでは?


とも思いますが、QUOカードは基本的にはスーパーでは使えません。


ただドラッグストアにもデメリットがあります。


使える店舗が著しく限られます


基本的に全国で使えるのはマツモトキヨシくらいしかありません。

そのためマツモトキヨシが近くにない人は使いようがありませんね。


一番お得な使い道はドラッグストアだと思いますが、QUOカードの使い道で真っ先に思い浮かぶのは


やはり


コンビニ


最も手軽で使えるという意味では便利です。

またポイントカードを提示するとポイントも付与されますので、一見非常にお得のように感じますが、コンビニは基本的に定価での販売。


コンビニのポイントはだいたい1%


1%であれば、元々割引されているドラッグストアで商品を購入する方が明らかにお得です。


ファミレスもコンビニと同様の理由であまりメリットを感じません。

またQUOカードだけで精算が済むことってあまりないと思います。

そのためメリットも感じづらいような気がしますね。


本屋は精算がQUOカードのみで完結できる可能性もありますし、普段買わないような本を買うというような使い道もできることからドラッグストアの次にオススメの使い道だと思います。


お得感をあまり気にしないようであれば

コンビニ


お得感を感じたいということであれば

ドラッグストア


が使い道としてはおすすめですね。


QUOカードで買う時に消費税やおつりは?

QUOカードはプリペイド式の商品券です。 

カードの残高が減っていく仕組みなので、残高がゼロになるまで繰り返し使うことができます。

ただQUOカードで何かしら購入する際は


おつりは出ません


そして消費税はQUOカードで購入する場合はもちろんかかります。

ただQUOカード自体を購入する時は


消費税はかかりません


これは商品券やプリペイドカードなどの譲渡に課税すると二重課税されることになります。

二重課税を避けるため、非課税となっています。


便利なQUOカードですが、実は何にでも使えるわけではありません。

QUOカードには利用対象外商品があります。


公共料金
プリペイドカード
印紙
切手
タバコ
チケット代
提携店が指定した商品



また1万円以上の偽造QUOカードを転売する事例があったため、2005年以前に作られた1万円以上のQUOカードは現在使えません。

ただ株式会社クオカードに郵送すれば、本物かどうか確認した上で交換してくれるようです。



どのご家庭も1枚位眠っているQUOカードはあるのではないでしょうか。

使用期限はありませんが、ただ持っていても宝の持ち腐れなので、使い道についてこの記事を参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links