b99dc17381e88e19cc064127da00e86d_s

京都市にある京都でも有数の桜名所淀川河川公園背割堤地区。
京都市と言っても少し離れている場所に位置するので、交通の便が悪いというデメリットもありますが、行った人のほとんどが「行ってよかった」と言っている位とても綺麗な桜を見ることができます。

今回はそんな淀川河川公園の2018年の桜の見頃や周辺の駐車場などについて詳しくまとめてみました。

2018年のお花見は淀川河川公園はいかがでしょうか?

Sponsored Links

淀川河川公園の桜の開花状況

淀川河川公園の桜は例年は4月に入ってすぐ位に満開を迎えているようです。

桜は咲く前の冬から準備をしていて、低温にさらされる期間が長ければ長いほど開花が早まります。


その淀川河川公園の2018年の桜の見頃は・・・


4月1日〜4月10日位


と言われています。

桜の見頃の時期には背割堤さくらまつり(3月31日〜4月10日)が開かれます。


そして現在の所は開花状況の予想では


開会予想日3月29日
満開は4月5日


今年は今のところ、西日本は若干開花が早いと言われているようです。


淀川河川公園の桜の種類は


ソメイヨシノ249本
ハナミヅキが52本



植えられており


その桜のトンネルが1.4キロに渡って続いています!


この淀川河川公園の桜は全国人気第3位に数えられている位の場所なため、関西地区の方は2018年はぜひお花見してみてはいかがでしょうか?


淀川河川公園のライトアップ情報

淀川河川公園での


夜桜のライトアップは残念ながら行われていません。


また淀川河川公園付近は街灯も少なく、非常に暗いようなので夜桜をみるには向きません。
普通に怖いです・・・

そのため淀川河川公園で桜を見るにはお昼が最適です!


淀川河川公園の混雑状況

淀川河川公園は桜の見頃の時期になると遠方からの観光客も年々増えており、全国のお花見のスポットで人気3位にしているところあります。

そのため桜の並木道はある程度混雑します。


ただ人混みをかき分けて歩かなければならない。
という程ではありません。

またお花見は場所取りはしなければならないイメージがありますが、淀川河川公園は1.4キロと長いため、桜を見る場所にそれほどこだわりがなければある程度楽に場所が確保できるようですよ。


背割堤さくらまつりの日程

毎年桜の見頃の時期に合わせて、背割堤さくらまつりが開催されます。

背割堤さくらまつりの2018年は


日程:3月31日〜10日まで
時間:9:00~17:00
場所:八幡市八幡在応寺地先

※予定


の11日間開催されます。


ちなみに平成30年から

八幡桜まつり⇒背割堤さくらまつり

Sponsored Links

に名称が変わったようです。


このお祭りの期間中には屋台や土産店の出店が行われるので、いつもよりも賑やかになります。


エリアは限られていますが、バーベキューをすることもできます。
ただ道具や具材などのレンタルは行っていません。

また近くにスーパーなどがないため、バーベキューをする場合は買い出しの車は1台絶対にあった方がいいと思います。


ちなみに背割堤さくらまつりの期間中はお花見船に乗って淀川を降りながら、桜を楽しむことができます。
お子さん連れの方の方にはおすすめです。


お花見船は


小型船
Eボード



の二つから選ぶことができます。


お花見船の詳細情報は下記からご確認ください。

小型船 Eボート
時間 10:00〜17:00 9:00〜17:00
料金 大人1500円・小学生500円
幼児大人1人につき1人無料
2人目から500円
一律500円(3歳以上は保護者同伴)
所要時間 20分 15分
コース 船着場から往復 船着場から片道



詳しくはお問い合わせください。


淀川河川公園の駐車場

背割堤さくらまつり期間中は淀川河川公園駐車場は使用できません。
そして今年は臨時駐車場がありませんので、公共の駐車場に車を止めることになります。


■ 八幡市営駐車場

駐車台数:72台
営業時間:24時間営業
料金:6:00〜18:00までの間は最初6時間まで100円/時・以後2時間ごとに100円


周辺には駐車場もいくつかあります。
今回は淀川河川公園に一番近く、ある程度、駐車台数が多い駐車場を紹介しました。


淀川河川公園へのアクセス

淀川河川公園へのアクセスは以下の通りです。


■ 車

名神高速道路大山崎ICから約5分
京滋バイパス久御山淀ICから約10分


■ 電車

京阪電車八幡市駅下車
徒歩約20分


周辺にはお店が少ないため、電車で行って、お花見するには少し不向きかもしれません。


■ 場所

京都府八幡市八幡科手115





まとめ

今回は2018年の淀川河川公園の桜の見頃を紹介しました。

淀川河川公園は年々人気が出てきている場所ですし、良い口コミばかりなので行く価値はありそうですね。
またお祭りだけではなくお花見船にも乗ることができるので、お花見のたくさんの違った楽しみ方を発見できます。


ちなみに2018年に淀川河川公園がインスタを開設したので、そちらで桜の開花状況など、今後みていけそうです。
ぜひ桜が見頃の時期に足を運んでみてくださいね。

Sponsored Links