97001

お風呂でへそを洗っているときに思うことありませんか。
へそってそもそもどうやってケアするの?

だってゴシゴシ洗うと赤くなるし、おまけに皮がむけてヒリヒリする。

子供のころから親に

「へそのごまはとってはダメ」
「へそのごまを取るとお腹が痛くなる」

など一度は言われたことありますよね。

今回はそのへそのごまの正体と綺麗に掃除するための取り方についてご紹介します。

Sponsored Links

へそのごまの正体とは?

へそのごまの正体は一言でいうとへその垢です。

皮膚や皮脂、石鹸の洗い残しがへそのくぼみにたまり、そのまま長期間放置され固まってしまったものです。


どうしてもへそはくぼんでいるので洗いづらいですね。
そしてお風呂に入った時にへそだけをきちんと洗う人ってそうそういません。

またへそのごまは取ってはいけないと信じている人がたくさんいるのでへそは洗わずにスルーします。


そうやってへそを長期間洗わず、また洗い残しの汚れが蓄積されることでへそに垢が溜まり続け、やがてそのへそのごまは悪臭を放つようになります。 


へそのごまの臭いはトイレ排水よりも臭いとよく言われます・・・
それはそうですよね。

汚れが溜まった垢を長年放置したものなのですから。


そう考えればきちんとへそのケアをしなければ!
と思います。

ではどうやってケアをするのが良いのでしようか?

へそのごまの取り方

へそのごまの取り方はまずお風呂でへそをきちんと洗って汚れを落とし、石鹸の洗い残しをしないことです。
ここで注意することは、ごしごしと強く洗いすぎないということです。

へその皮膚はデリケートなので、強くこすると赤くなったり皮がむけたりして逆効果です。
また洗いすぎても臭いが出てしまうので、やさしく汚れを落とします。


洗うのは週に2,3回で大丈夫です。


お風呂に入った後は


綿棒
オイル



を用意します。


綿棒にオイルをつけて優しくへそのお手入れをします。

取れるようならごまを取ります。
無理にとるのは禁物です。


長年蓄積されたものなので1回や2回のお手入れではなかなか取れませんが、ケアを続けていくうちに垢が柔らかくなってくるので取りやすくなります。


オイルはどんなオイルでも良いの?


という疑問がありますが、オリーブオイルが一番メジャーなようです。

Sponsored Links

また


ベビーオイル
ワセリン
クレンジングオイル
ごま油



という方もいるようですね。


しかし食用のオイルはNGという意見があります。
それは食用のオイルは体には影響がなくても肌には刺激がありどうなのかと言われているようです。


また体質によってはオリーブオイル・ごま油がダメという方もいますので、ご自分の体質に合ったオイルを使うことが大切です。
無印良品のホホバオイルはすべての肌質に合うといわれる優れたオイルですのでおすすめですよ。

へそのごまを取るとお腹が痛くなるのは本当?

へそのごまを取るとお腹が痛くなる

小さい頃に良く親から言われていませんでしたか?


へそのごまは汚れが溜まった垢なので取っても大丈夫です。

というより

体から不要なものとして出た垢なので本来取らなければいけないものです。

お腹が痛くなるのはへそのごまを取ることにより


お腹を刺激してしまうことが原因です。


へそはデリケートで内側には腹膜と腸があります。
強い刺激を与えると腹膜炎を起こしてしますのでいじりすぎないことが重要です。


あくまでも優しく洗って垢だけを落とし、石鹸を残さない。
そしてオイルと綿棒で刺激を与えずにケアする。

というようにほどほどにしましょう。

妊婦さんはへそのケアをしても大丈夫?

妊婦さんはへそのケアをしても良いのでしょうか?

お腹の中の赤ちゃんとおかあさんはへその緒でつながっているのではないの?
もし刺激を与えてしまったらと心配になります。


しかし


妊婦さんもへそのごまを掃除しても大丈夫なんだそうです。


なぜかというと


へその緒ってママのへそとお腹の赤ちゃんにつながっているものではないからです。


ママの胎盤とお腹の赤ちゃんをつないでいるのがへその緒で、そのへその緒を通してママの胎盤から栄養や酸素が運ばれるので、ママのおへそは直接的に関係はありません。


しかし汚れた垢のへそのごまをケアするのは大丈夫ですが、いくらママのおへそは関係ないにしても、ママのお腹の中には大切な赤ちゃんがいます。


決して強くいじらず、傷つけず、やりすぎない
月に一度など回数を少なくする
腹膜を刺激しないように細心の注意を払う
など



やはり妊婦さんがへそのケアを行うには最大の注意が必要です。
どうしても気になる方は皮膚科や外科で取り除くこともできるそうなので、定期健診の時にドクターに相談してみるといいと思います。

さいごに

今回はへそのごまの正体と取り方についてまとめてみました。

へそのごまなんてケアしたことなんてない

という方がいたら、一度みてみてください。
もしへそのごまがたまっていたり、臭ってきたという方は是非、綿棒とオイルでケアしてみて下さい。

Sponsored Links