549_1

社会人になって初めてお給料をもらう日は、きっとドキドキするはず!
すでに社会人になっている方は思っていたよりも多くて喜んでいる人もいれば、思っていたよりも少なくてガッカリしたと言う人もいると思いますが、初任給の平均額はいくら位なのかを調査しました。

まだデータは出ていませんが、2017年の初任給の予測も調査してみました。

そして大卒と高卒での手取りの違いも合わせてお伝えします。

Sponsored Links

大卒と高卒の初任給の平均額は?

日本では初任給が大卒と高卒で変わってくるのは周知の事実だと思います。

では初任給は大卒と高卒の平均額はどれ位違うのでしょうか?
また男女で違いはあるのかを表にまとめてみました。


■ 2016年初任給額

学歴
大学院修士課程修了 231,700円 229,700円
大学卒 205,900円 200,000円
高専・短大卒 179,700円 175,200円
高校卒 163,500円 157,200円



このような平均金額が出ました。

高卒よりも大卒の方が初任給が高いのはみなさんも知っているとは思いますが、男女でも少し違いがあるようですね。

しかし日本の平均初任給額は年々増えていることが分かっていますので、今後も増えていくことが期待できますね。


ちなみに2017年の初任給の予測値は


前年比0.37%程度増加


と予想されているようです。


初任給の手取りは?

手取りとは保険や国に納めなければならない税金などを差し引いたお給料の額のことです。

これは国で決められている法律なので、差し引かれないようにすることはできないので、実際手元にもらえるお給料は総支給額よりも少なめに考えておきましょう。


引かれるものは・・・


健康保険
介護保険
厚生年金
雇用保険
所得税
源泉徴収
住民税
など



があります。
※これ以外に引かれる可能性もあります。


引かれる金額は、扶養家族なども絡んでくるため、はっきりとはいえません。

ただ目安として約8割位の金額が手取りと思っておけばいいと思います。


そのため大学卒であれば・・・

男 205,900円 ⇒ 164,720円
女 200,000円 ⇒ 160,000円

Sponsored Links

位ですね。


これはあくまで平均額ですので、会社が加入している保険によって、控除額は大きく変わる場合もありますので、覚えておきましょう。


しかし実家から通勤している人にとってはそこまで大きな問題にはならないかもしれませんが、上京や一人暮らしを始めた人にとっては始めのうちは生活が苦しくなってしまう額ですよね。

うまくやりくりして、生活していくことが大切になってきます。


東京と地方で違いは?

卒業してから就職するために東京に上京する人もいますよね。

住み慣れた所を離れて、新しい場所で初めての仕事をするという事は不安が大きいと思いますが、中には東京の方が給料が良いからという理由で上京する人もいるくらい、東京と地方ではお給料に差があることが分かっています。


同じ仕事内容でも約4万円も差がつくこともあるんです!

ちなみに初任給(大卒)が一番高い地域はやはり東京!

1位:東京 211,3万円
2位:神奈川 207.3万円
3位:栃木 205.7万円
4位:千葉 205.0万円
5位:愛知 205.0万円
    ・
    ・
    ・

と続いていきます。


逆に地方で一番低いのは沖縄県の165.9万円です。


東京に上京したくなる新社会人の気持ちもこれなら理解できますよね。

しかし東京は地方に比べると家賃の金額が全然違いますので、それを考えるとあまり変わらないかもしれませんね。


中小企業と大手企業で初任給は異なる?

中小企業と大手企業の初任給は大手企業の方が


約1〜2万円


高い傾向にあります。


ただこれは学歴や地域差に比べれば微々たるものですね。


しかしそこで安心してはいけません。
ずっと今の会社で働き続けようと思えば、将来的には大きな差ができてくる可能性があります。


例えば約20年後の40歳で考えてみると

中小企業が約30万円なのに対して大手企業は約50万円

と言われているというデータもあります。


1年で約240万円もの差が出てしまいます。

それが何年も続くとなれば、1,000万円以上の差が出てきますよね。
そして大手企業では住宅手当など手当も充実している会社もあります。


たくさんキャリアを積んで実力を付けてから、大手企業に就職するという手もありますので、今の会社で一生働く!
と考えすぎない方が良さそうですね。


まとめ

大卒や高卒だけではなく、男女や大企業、中小企業などでもお給料に差があることが分かりました。
始めのうちは、慣れない生活環境のなかでやりくりしていかなければならないので、大変ですがキャリアを積めばお給料も上がってきます。

そして、上記のお給料などはあくまでも平均額ですので、参考程度に読んで頂ければと思います。

Sponsored Links