998_1

スーツはクリーニング屋さんにお願いする人が多いと思いますが、毎回スーツを預けに行ったり取りに行ったりと手間がかかるので結構面倒ですよね。
お金もかかりますし、できることなら自宅で洗濯したい所ですよね。
スーツを自宅で洗濯するのはシワや色褪せの原因にもなってしまう可能性もあるため、ちょっと怖くて自宅で洗う方法を諦めてしまっている人も多いと思います。

そこで今回は自宅でスーツを洗濯する方法をお伝えしていきます。
ただやはり素材などによってはクリーニングでしかできないものもあるので、まずは確認からしていきましょう。

Sponsored Links

スーツを洗濯する前にチェックすること!

購入したのはいつか

最近のスーツは自宅で洗濯できるように作られている「ウォッシャブルスーツ」が増えてきていますので、最近購入したものであれば、自宅で洗濯することが可能なことが多いです。

しかし何年も前のスーツはやはり、ほとんどがクリーニングに出さないといけないものなので、まずはスーツを購入した時がいつなのかを考えて見ましょう。

洗濯表示を見る

この方法が一番手っ取り早いです。
特に新しいスーツを初めて洗濯する際には必ず洗濯表示を確認する事を忘れないで下さいね。


今のスーツが全てウォッシャブルスーツではないので、最近購入したスーツでも洗濯表示は確認しておきましょう。
水洗い不可の表示がある場合には、自宅でスーツを洗濯することができませんので、残念ですが割り切ってクリーニングにお願いして下さい。


とりあえずこの表示があればアウトです。

998_2

スーツの素材を確認

スーツを自宅で洗濯するにあたって、もう一つ確認しておかなければならないものが素材です。
自宅で洗濯できる素材は


ポリエステル
ウール
など

の素材のスーツです。


ウールは「毛」と表示されていることがほとんどなので、覚えておくと便利です。
しかしウールは水に弱い性質をもっているので、自宅で洗濯するにしても注意しなければいけないことがたくさんあります。

間違った洗濯方法で洗ってしまうとスーツが縮んでしまったり、型崩れやシワ、色落ちなどが目立ってしまうこともあります。


そしてカシミヤ素材のスーツは自宅で洗うことができませんので注意しましょう。

カシミヤの素材を使っているスーツは、ほとんどの場合洗濯表示で洗ってはいけないことは表記されているとは思いますが、高級素材なので、繊維も絡まりやすくできていてとても繊細です。
そのためカシミヤ素材のものはクリーニングに出しましょう。

スーツを洗濯する間に準備するもの

自宅で洗えるスーツだった場合でも丁寧に洗濯する必要があります。
普段着を洗濯よりも手間はかかります。

そこでいくつか準備するものがあるので紹介していきます。

おしゃれ着洗い用の洗剤

おしゃれ着洗い用の洗剤とはドライクリーニング専用の中性洗剤のことを指します。
普段着を洗う洗剤にはアルカリ性や酸性が含まれているものが多いです。

これらは繊細なスーツには刺激が強すぎるため、洗浄力は落ちてしまいますが、素材への負担もその分少なくなっている中性洗剤がベストです。
また漂白剤などを使ってしまうと色落ちなどの原因になりますので、スーツを洗う際の洗剤はこれ一本のみで洗うことをおすすめします。

洗濯ネット

そのまま洗濯機にスーツを放り込んでしまうと、スーツの素材が悪くなってしまったり、羽毛立ちしてしまうことがあるので、必ず洗濯ネットを使用します。

Sponsored Links

手洗いの場合は洗濯ネットは不要ですが、洗濯機で洗う際には用意して下さいね。

スーツ用のハンガー

クリーニングに出したあと、普通のサイズのハンガーで帰ってくることはないと思います。
これは、スーツの型くずれを防止するために、スーツ専用のハンガーを使っているからなんです!

自宅で洗濯する際にもクリーニング同様にスーツ専用のハンガーを使用しましょう。

アイロン

自宅でスーツを洗濯すると、どうしてもクリーニングに出した時みたいに、ぴしっとなることはありませんので、仕上げにアイロンがけを行います。
アイロンがけを怠ってしまうとシワができてしまう原因になるので、必ず用意して下さい。



以上の4点を揃えてからスーツを洗濯します。
ほとんどの家庭に置いてあるものばかりだと思いますので、準備に手間取ることはなさそうですね!

では早速次に洗い方を紹介していきます。

スーツを洗濯する方法~手洗い~

まずはスーツを手洗いで洗う方法をお伝えしていきます。


1.スーツの型崩れ防止の為に、ボタンやファスナーは全て留める

2.綺麗にスーツを畳む

3.広めの桶に水を溜めて、おしゃれ着洗い洗剤を入れる
桶がない場合には洗面台に栓をして水を溜めてもOKですよ!

4.畳んだスーツをそのままそっと入れる

5.スーツ揉んでいく
手のひらを使って優しく押しながら、洗剤を全体に行き届かせるように揉んでいきます。

6.10〜15分程放置しておく
全体に行き届いたら10~15分程放置しておきましょう。

7.ひっくり返して先ほど同様に優しく揉みこむ

8.すすぐ
一旦水を捨てて、洗剤の入っていない新しい水で洗剤が取れるまですすぎます。

9.干す
スーツは絞ることができないので、水滴が落ちても良いお風呂場などに干しておきます。
タオルなどで軽く押さえて水分を吸い取ると良いでしょう。

10.陰干し
水滴が落ちてこない程度に乾いたら、風通しの良い場所に陰干しします。


おそらく「・・・面倒くさい」
と思った人は多いのではないでしょうか。

ただ正しい方法で行わないと、スーツを傷めてしまうので手順通りに行います。

スーツを洗濯する方法~洗濯機~

洗濯機でスーツを洗う方法を紹介します。
洗濯機で洗う場合、洗剤をティッシュに付けてスーツを擦り、色落ちがなければ洗えますので、最初にチェックしてみてください。


1.おしゃれ着洗い用洗剤の原液をシミや汚れのある部分に直接たらす

2.スーツのボタンやファスナーを全て留めて、畳む

3.畳んだ状態のまま洗濯ネットに入れる

4.洗濯機に入れて、洗剤を入れる
この時直接スーツに洗剤がかかってしまわないように入れることがポイントになります。

5.ドライコースまたは手洗いコースを選択して、洗濯する

6.洗濯後に干す前にアイロンがけをする
洗濯が完了したら、干す前にアイロンをします。
乾く前にアイロンがけを行うことによって、仕上がりが綺麗になりますよ!
乾く時間も短くなるのでおすすめです。
ムラなく丁寧にアイロンをします。

7.陰干し
スーツ専用ハンガーに掛けて風通しの良い場所に陰干しします。


このように洗濯機で洗濯する際にも普段着みたいに簡単には洗えません。
手間や時間がかかってしまいますので、急いでいる時や時間がない時にスーツを洗濯することは避けましょう。

丁寧に行うことが大切なので、時間がある時にゆっくり行うことがポイントです。

さいごに

冠婚葬祭や仕事など様々な場面で着ることのあるスーツなので、自宅で洗濯したい場合は上記の方法で丁寧に行いましょう。
特に毎日仕事でスーツを着ている人にとっては毎回クリーニングに出すより自宅で洗濯した方が手間もかかりませんし、節約にもなります。

確かに洗濯の手間はありますが、クリーニング屋に行ったり来たりする手間の方が、個人的には大きいような気がします。
まずは一度試してみて下さいね。

Sponsored Links